谷根千ブログ・リンク集

谷根千ブログを紹介しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
Click!で応援頂けると、嬉しいです。

カテゴリ

openclose

キーワードランキング

プロフィール

ちゃい

■ちゃい
谷根千という
東京の下町エリアに住んでます。
まちあるき散歩でめぐる。
谷根千(谷中・根津・千駄木)。
東京。日本。そして世界。
本棚。古道具。料理店。
バザール。ポスト。美術館と。
好きなものを求めて
めぐり歩いた日々の記録。
楽しく。簡素に。丁寧に。
作る。食べる。歌う。笑う。
まるで絵本のように。
ぼくの。ことばと。写真で。



chai_travelをフォローしましょう
谷根千エリアの「散歩」のこと
「ごはん」のことつぶやいています

最新記事

谷根千お散歩リンク

コメントをありがとう

トラックバック

過去の記事

twitter

人気記事ランキング

応援をお願いします

応援ありがとうございます 応援ありがとうございます

にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ

全記事表示リンク

キーワード

谷根千散歩Canova(カノーヴァ)ひろ武郵便ポストトルコ千駄木ランチ古道具美味しい料理店バザール・市場本棚・古本瀬戸内国際芸術祭男木島写真カメラ美術館建築デザイン吉祥寺喫茶店・カフェ下町の定食屋異国料理北欧料理北欧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
351位
アクセスランキングを見る>>

「谷根千散歩倶楽部」と書いて、「谷根千みちくさ倶楽部」と読んで下さい。
カテゴリ選択 
谷根千散歩におすすめのランチベスト3  谷根千地図
  イタリアン「Canova」  魚介料理店「千ふじ」  「檸檬の実」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

羽田空港から海外台北へ

羽田空港国際ターミナル2

台北への出発は

羽田空港国際ターミナルから。

羽田空港から初の海外脱出です。

07:00羽田発の中華航空の為

眠い目をこすりながら

始発に近い電車に乗って

羽田空港に向かう。

冬の 5時前の早朝は

とにかく暗いし寒い。


羽田空港国際ターミナル


今回の計画は

航空券にホテルの予約を

個人で済ませていたが、

心配していたことが 2点。

朝早く起きられるかどうかと、

春節の期間と重なって

台北旅行が楽しめるかどうか。

とりあえず第一関門は突破して

ほっとする。ここまでくれば

パスポートは持ったし

お金も十分あるから大丈夫。


浜松町から

東京モノレールに乗って

空港の駅を降りると

そこは「すぐ」出発ロビー。

まさに駅と空港が

直結しています。

これはとても便利。


現地の台湾が

春節(旧正月)休みであることを考え

念の為 2000円分だけ両替して

台北に向かう。

時間が早い為

銀行もまだ三井住友銀行しか

開店していない。


日本の冬用の

厚着を脱いで飛行機へ。

台北モードにスイッチオン。

行きの機内では

映画の「レッドクリフ」を観る。

さすがは、トニー・レオン。


東京→(4時間)→台北(時差が1時間)


飛行機は予定通りに

10:00に台北松山空港に到着。

いつもの手荷物だけなので

入国審査を済ませ

税関を駆け抜けるようにして

ついに台湾入国!

やっぱり、春節休み(2/6)でも

空港の銀行は開いていた。

いらぬ心配だった。


松山空港からはMRT。

これもモノレールのMRT

内湖線であっという間に

台北市内の中心へ。


なんだかんだで

10:30には市内のホテルに

チェックインを済ます。

部屋が使えるのが

13:00からということで

荷物を預け出発。

初日の 10:30から自由行動!

なんということでしょう。

ぼくの台北の休日の

始まりはじまり。


羽田空港内


関連記事

 

台北旅行記:2011冬 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asianbazaar.blog65.fc2.com/tb.php/863-7a6af7d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。