谷根千ブログ・リンク集

谷根千ブログを紹介しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
Click!で応援頂けると、嬉しいです。

カテゴリ

openclose

キーワードランキング

プロフィール

ちゃい

■ちゃい
谷根千という
東京の下町エリアに住んでます。
まちあるき散歩でめぐる。
谷根千(谷中・根津・千駄木)。
東京。日本。そして世界。
本棚。古道具。料理店。
バザール。ポスト。美術館と。
好きなものを求めて
めぐり歩いた日々の記録。
楽しく。簡素に。丁寧に。
作る。食べる。歌う。笑う。
まるで絵本のように。
ぼくの。ことばと。写真で。



chai_travelをフォローしましょう
谷根千エリアの「散歩」のこと
「ごはん」のことつぶやいています

最新記事

谷根千お散歩リンク

コメントをありがとう

トラックバック

過去の記事

twitter

人気記事ランキング

応援をお願いします

応援ありがとうございます 応援ありがとうございます

にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ

全記事表示リンク

キーワード

谷根千散歩Canova(カノーヴァ)ひろ武郵便ポストトルコ千駄木ランチ古道具美味しい料理店バザール・市場本棚・古本瀬戸内国際芸術祭男木島写真カメラ美術館建築デザイン吉祥寺喫茶店・カフェ下町の定食屋異国料理北欧料理北欧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
343位
アクセスランキングを見る>>

「谷根千散歩倶楽部」と書いて、「谷根千みちくさ倶楽部」と読んで下さい。
カテゴリ選択 
谷根千散歩におすすめのランチベスト3  谷根千地図
  イタリアン「Canova」  魚介料理店「千ふじ」  「檸檬の実」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

旅行的意義

東京からバンコクまでは

飛行機で約7時間。

ゆっくりと機内で

時間を過ごせる旅路である。

行きと帰りで3本の映画を見た。

中でもとくに良かったのが

フォ・ジェンチイ監督の

映画「台北に舞う雪」。

この映画の主題歌にもなっている

陳綺貞の「旅行的意義」が

これまた良い歌なので

機会を作ってぜひ聴いてもらいたい。


こうしてここ数年のように

アジアを旅して回っていると。

東アジアの「文化」の可能性というか、

「音楽」とか「映画」とか「アート」とか

アジアカルチャーのパワーを

とても感じることができる。

バンコクでもやはり

ソニョシデの「Gee」などは

いまだに街角で流れているし。

現地のテレビを見ていても

ここも同じアジアなんだという

一体感のようなものを感じる。


これは2年前の夏に

ベトナムでも感じたことだが

アジアのカルチャーの中心は

日本ではなく韓国である。

それをバンコクで

あらためて感じた旅となった。

日本が目立つのはテレビでの

アニメーションの番組くらいで

漫画やアニメの世界以外だと、

もうほとんどが韓国とか

中国・台湾カルチャーだ。

家電製品ですらもはや

サムスン電子が主役の感がある。

日本の「少女時代」こと

ソニョシデだって

日本では去年2010年になって

あれだけ売り出されたが。

ベトナムでは2009年の夏には

もはやテレビでバンバン流れていた。

へたすると日本なんかは

いずれアジアのカルチャーからも

取り残されてしまうかもしれない。

そんな危機感を

感じずにはいられない。


ちなみに。フォ・ジェンチイ作品では

「故郷の香り」が好きなのだが。

「山の郵便配達」も良いらしいので

ぜひ観てみたいと思っている。

フォ・ジェンチイ監督作品、お薦めです。


関連記事

 

バンコク旅行記:2010冬 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asianbazaar.blog65.fc2.com/tb.php/839-3f82ce43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。