谷根千ブログ・リンク集

谷根千ブログを紹介しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
Click!で応援頂けると、嬉しいです。

カテゴリ

openclose

キーワードランキング

プロフィール

ちゃい

■ちゃい
谷根千という
東京の下町エリアに住んでます。
まちあるき散歩でめぐる。
谷根千(谷中・根津・千駄木)。
東京。日本。そして世界。
本棚。古道具。料理店。
バザール。ポスト。美術館と。
好きなものを求めて
めぐり歩いた日々の記録。
楽しく。簡素に。丁寧に。
作る。食べる。歌う。笑う。
まるで絵本のように。
ぼくの。ことばと。写真で。



chai_travelをフォローしましょう
谷根千エリアの「散歩」のこと
「ごはん」のことつぶやいています

最新記事

谷根千お散歩リンク

コメントをありがとう

トラックバック

過去の記事

twitter

人気記事ランキング

応援をお願いします

応援ありがとうございます 応援ありがとうございます

にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ

全記事表示リンク

キーワード

谷根千散歩Canova(カノーヴァ)ひろ武郵便ポストトルコ千駄木ランチ古道具美味しい料理店バザール・市場本棚・古本瀬戸内国際芸術祭男木島写真カメラ美術館建築デザイン吉祥寺喫茶店・カフェ下町の定食屋異国料理北欧料理北欧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
289位
アクセスランキングを見る>>

「谷根千散歩倶楽部」と書いて、「谷根千みちくさ倶楽部」と読んで下さい。
カテゴリ選択 
谷根千散歩におすすめのランチベスト3  谷根千地図
  イタリアン「Canova」  魚介料理店「千ふじ」  「檸檬の実」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

直島へ出発

宇野港

宇野港まで来たら

直島まではもう一息

島までの船が出るまで

公園でひと休み。


スポンサーサイト

 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

赤南瓜の中

赤南瓜の中から


 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

直島ふたたび

黄色南瓜

草間彌生。

ジェームス・タレル。

そして安藤忠雄。

直島で印象に残ったのは

この3人の作品群。

草間彌生の南瓜の

毒キノコのような

色あいながら

醸し出している

ハッピーな感じ。

ジェームス・タレルの作り出す

光に対する幻惑感。

だがやはり

家プロジェクトの南寺

バックサイド・オブ・ザ・ムーンと

地中美術館が

秀逸をきわめていた。

安藤忠雄の建物は

コンクリートという

素材であるにもかかわらず

不思議と魅かれてしまう。

あの建築は

確実に何かを

きりだしている。

きわだたせている。

直島滞在は

一泊二日だったのだけど

時間帯を変えて。

季節を変えて。

再び訪れたいと

そう思ったのでした。


  美術館

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

ナオシマゾウ

ナオシマゾウ


 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

ようこそ

ようこそ直島町へ


 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

南寺

南寺


 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

のれん

よろず


 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

直島・直島・直島

赤南瓜 赤南瓜白黒 赤南瓜

念願の直島。

そこにあるのは

アートとか

いわゆる

芸術とは

また別の魅力。


光を感じ。

風を感じ。

形を感じ。

色を感じる。

わたしにとって

この島は

そんな場所。


安藤忠雄の

無機質的な

空間の中で

それらは

きわだち。

ぞうふくされ。

本来の姿を

とりもどす。


とにかく

楽しい島なのだ。

楽しい村なのだ。

楽しい家なのだ。



草間彌生

ジェームス・タレル

知識がなくても

才能がなくても

単純に楽しめる

そんな島。


  美術館

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

尾道さんぽ

尾道①

とにかく

商店街が長い

驚くほど長い

お目当ての

ラーメン店までも

けっこうな

距離なのだ

その商店街が

ぎゅぎゅっと

押しつぶされて

いるかのように

海と山に挟まれて

たいらなところが

ほとんどない

お寺や美術館は

急な山の上

石畳の階段を

あがったり

くだったり

まよったり

入り組んだ路地を

行ったり来たり

だけどね

そんなことが

楽しいんだ


尾道②


  写真カメラ

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

坂の街

尾道①


 

倉敷・尾道・瀬戸内 | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。