谷根千ブログ・リンク集

谷根千ブログを紹介しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
Click!で応援頂けると、嬉しいです。

カテゴリ

openclose

キーワードランキング

プロフィール

ちゃい

■ちゃい
谷根千という
東京の下町エリアに住んでます。
まちあるき散歩でめぐる。
谷根千(谷中・根津・千駄木)。
東京。日本。そして世界。
本棚。古道具。料理店。
バザール。ポスト。美術館と。
好きなものを求めて
めぐり歩いた日々の記録。
楽しく。簡素に。丁寧に。
作る。食べる。歌う。笑う。
まるで絵本のように。
ぼくの。ことばと。写真で。



chai_travelをフォローしましょう
谷根千エリアの「散歩」のこと
「ごはん」のことつぶやいています

最新記事

谷根千お散歩リンク

コメントをありがとう

トラックバック

過去の記事

twitter

人気記事ランキング

応援をお願いします

応援ありがとうございます 応援ありがとうございます

にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ

全記事表示リンク

キーワード

谷根千散歩Canova(カノーヴァ)ひろ武郵便ポストトルコ千駄木ランチ古道具美味しい料理店バザール・市場本棚・古本瀬戸内国際芸術祭男木島写真カメラ美術館建築デザイン吉祥寺喫茶店・カフェ下町の定食屋異国料理北欧料理北欧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
272位
アクセスランキングを見る>>

「谷根千散歩倶楽部」と書いて、「谷根千みちくさ倶楽部」と読んで下さい。
カテゴリ選択 
谷根千散歩におすすめのランチベスト3  谷根千地図
  イタリアン「Canova」  魚介料理店「千ふじ」  「檸檬の実」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

鈴木大介の「The Duo」

The Duo

ギタリスト鈴木大介

CD「The Duo」を

図書館で先日ふらっと

借りてきたものなのですが

これがなかなか

とても良いのです。


以前から

鈴木大介のギターは好きで

武満徹のギター作品集は

良く聴いているし、

クラシックギターのコンサートにも

行ったことがある。

でも、これはいい。

なんか鈴木大介という

音楽家をあらためて

見直してしまいました。


そして、あらためて思った。

自分はギターという楽器が好きなんだと。

ギターの音色が好きなんだなと。


スポンサーサイト

 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

村治佳織コンサート

思いがけず

チケットと時間がとれ

村治佳織のギターリサイタル。

当日に買った自由席ながら

良い席で聴くことができ

ヴィラ=ロボスなどのソロも

渡辺香津美とのデュオも

とても楽しめました。

思いがけず訪れた幸せ。

棚から牡丹餅の展開に

感謝。ありがとです。

 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

大聖堂

ギター曲の作曲家として
バリオスが好きなのですが
中でも映画「花」でも使われている
「大聖堂」は大好きな曲です。

映画の「花」は
金城一紀の同名小説を原作に
大沢たかおが主演していて
これまた良い映画なのですが、
ここの音楽を村治佳織が弾いています。
バリオスの「大聖堂」の演奏で言えば
鈴木大介の演奏なども素敵です。

村治佳織のCDの中では
「シンフォニア」が愛聴盤。
久しぶりにギターの生演奏を
聴きに行きたいです。


 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

楽しい器

バリオス作品集

クラシックギター
わたしの好きな楽器のひとつです。

ギターはシンプルな仕組みながら
武満徹が「小さなオーケストラ」と表現したように
微妙な指先のタッチの変化で、
さまざまな音色を奏でることができる楽器です。

なんと言っても。音色が素敵です。
あの。まるく柔らかであたたかい音がわたしは好きです。
とても表現が豊かな楽器なんです。

ギターと言えば
スペインがまず第一に浮かびますが
南米にも良い曲を書いた作曲家がいます。
パラグアイ生まれの、
アグスティン・バリオス・マンゴレ
彼の作曲した曲を
わたしは好きで聴いています。

ところで。「楽器」というのは
とても素敵な表記です。
なにしろ「楽しい器」ですから。


 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

ギターのための12の歌

武満徹 ギター作品集成

ギターで聴く武満徹

「ギターのための12の歌」は
武満徹がギターのために編曲した名曲集。

ロンドンデリーの歌。
オーバー・ザ・レインボー。
サマー・タイム。
早春賦。
失われた恋。
星の世界。
シークレット・ラヴ。
ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア。
ミシェル。
ヘイ・ジュード。
イエスタデイ。
インターナショナル。

レノン/マッカートニーの曲も4曲。
とにかく選曲が素敵です。

このCDの中では
「ヒロシマという名の少年」が好きです。
わたしと同年代のギタリスト村治佳織のCD
「Transformations」にも収録されています。
ここは。あえて鈴木大介の演奏で。
これがまたとても良いのです。


 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

よく眠るために

シンフォニア

最近。
寝る前に聴いています。
村治佳織の「シンフォニア」。
わたしの睡眠導入剤です。
ギターで聴くバロック。


 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

薄曇りの日曜の朝に

Perfect Sky

薄曇りの日曜の朝に」。
お気に入りのクラシックギターの一曲です。

ギターの音色が好き。
まるく柔らかであたたかい音が
わたしは大好きです。
ギターという楽器は意外と
表現が豊かな楽器なのです。

クラシックギターというと
スペインがまず第一に思い浮かびますが。
これはやはり、ホアキン・ロドリーゴのが作曲した
あの「アランフェス協奏曲の影響が大きいのでしょう。
とりわけ有名な第2楽章はジャズでも演奏されます。

そう。フラメンコギターもありますよね。

でも、実は中南米の作曲家も
とても良い曲を書いていたりするのです。

たとえば

■パラグアイ生まれの、
 アグスティン・バリオス・マンゴレ。

■メキシコ生まれの、
 マヌエル・マリア・ポンセ

■ブラジル生まれの、
 ハイトール・ヴィラ=ロボス

■アメリカ生まれの、
 アンドリュー・ヨーク。 

クラシックの作曲家としては
かなり無名に近い彼らではありますが
異国情緒あふれて良いですよ。


 

クラシックギター | トラックバック 0| コメント 0

「谷中・根津・千駄木」ブログリンク集へ| 「谷根千散歩倶楽部」の topに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。